「脇高ブラ」ってどんなブラジャー?脇高ブラの基準と脇肉をホールドする仕組みを知ろう!

脇高ブラ

「脇高ブラ」って何?

体のシルエットを美しく整えてくれる「補整下着」。その種類は多岐に渡りますが、補整下着の一つである「脇高ブラジャー」を知っている人は多いと思います。


ただ、脇高ブラがどんな仕組みでバストラインを補整しているか、また、どういった種類のブラジャーが脇高ブラに分類されるのかはご存じですか?

脇高ブラ

今回は、脇高ブラの機能や効果といった基礎知識について詳しくお伝えします。


そもそも補整下着とは、お肉を支えてプロポーションを整えてくれる下着のこと。「ファンデーション」とも呼ばれています。
これはメイクに欠かせないファンデーションと同様に「基礎土台」を表している言葉です。


補整下着を着ける主な目的は理想のボディラインを作ること。そのため身体を覆う布面積が広く、メリハリのあるラインを生み出せるように適度な着圧があります。


「ボディラインを整える」と聞くと、ボディスーツやガードルのようなアイテムをイメージするかもしれませんが、ブラジャー単体でも補整機能を発揮できるように作られたものが「脇高ブラ」なのです。

脇高設計

では、脇高ブラと一般的なブラジャーではどのような違いがあるのでしょうか。その具体的な機能について見ていきましょう。

脇高ブラには、どんな機能がある?

脇高ブラと一般的なブラジャーが異なるポイントは、簡単に言うと「カップサイドの幅の広さ」にあります。では、カップサイドが幅広になるとどのような効果が期待できるのでしょうか?

脇高ブラ

1:はみ出るお肉を捕まえる

脇高ブラはサイドの布面積が広く設計されているため、脇や背中に逃げがちなお肉をしっかりホールドします。

脇高ブラ

ブラジャーを着けた時、脇周辺にポコッと出てくる「脇肉」と呼ばれる贅肉は、バストラインが崩れて見える原因の一つ。この脇肉をカップ内にキープするのが、脇高ブラの特徴です。


また、サイドだけでなくバックベルトも幅広になっているタイプが多く、背中のお肉まで逃さずキャッチ。


お肉がベルトからあふれているとシルエットに段差が生まれ、太っているように見えたり、実年齢より老けた印象を与えたりすることも。


幅広ベルトなら、背中のお肉の凹凸を押さえて後ろ姿もスッキリと整えてくれるのです。段差を解消すれば、体にフィットする洋服もキレイに着こなせますよ。

2:脇肉を集めてバストアップ

脇高ブラは、脇や背中にはみ出たお肉をカップに収め、キープする機能に優れています。つまり、本来バストになかったお肉やバストから逃げたお肉もブラジャーに集められるということ。

脇高ブラ

すると、集めたお肉の分だけバストが大きく見えるという効果も期待できます。さらに毎日着け続けることで、脇肉を正しい位置で固定し、キレイなシルエットを保てるのです。

3:美しいバストラインを長時間キープ

せっかく脇肉を集めても、日常のちょっとした動作でブラジャーがズレてお肉が逃げてしまえば意味がありません。

脇高ブラ

脇高ブラはカップサイドやバックベルトが幅広に設計されているため、カップにお肉を寄せ集めるだけでなく「お肉を逃がさないホールド力」にも優れています。


そのため、お肉が脇・背中に逆戻りするのを防いで、美しいバストシルエットを長時間保ってくれます。


また、バストはちょっとした揺れで胸を支える「クーパー靭帯」という結合組織が傷つき、それが原因で下垂にも繋がってしまうデリケートなもの。


脇高ブラでバストをしっかり固定することで、揺れなどの衝撃や、生地と肌が擦れる肌ダメージからも守ることができます。

「脇高ブラ」というジャンルが登場したのは、いつ?

高い補整力を誇り、今やバストメイクに欠かせないアイテムである脇高ブラは、いつ頃から登場したのでしょうか?


脇肉をスッキリと見せる機能をうたった商品は、2000年代には存在していました。


しかし、その時期は低価格で入手しやすい、デザイン性を優先したものや、厚手のブラパッドを内蔵した「盛りブラ」が主流だったのです。

HEAVEN Japanの「脇高ブラ」が誕生

少しずつ「脇肉対策ができるブラジャー」が出現してきたものの、その定義も曖昧だった時代。


「脇高ブラ」というジャンルが自体が一般に知られていなかった当時、脇を高く設計した商品を着用したスタッフが思わず口にした「これは脇肉キャッチャーだ!」という感想がきっかけとなり『脇肉キャッチャー』という商品名が決定、2010年6月に発売しました。

脇高ブラ

バストにまつわるお悩みを抱えている人にとっては単なる下着以上の価値を持つ商品でありたい。「脇肉まで一緒に包み込むような設計で、バストのボリュームをアップする」そんな願いを込めて販売がスタートすると、即完売。


その後も予約販売を開始しましたが瞬く間に売り切れ、追加生産するもしばらくは品薄状態が続くほどのヒット商品となりました。 HEAVENJapanを代表する脇高ブラとして脇肉キャッチャーシリーズ商品も続々と開発され、ロングセラーの人気商品となりました。


愛用者の皆さんのレビューからも『脇肉キャッチャー』がどんなシーンでお悩みを解決しているのかが分かるように。


「同窓会に着ていきたい服があったのに、バストに自信が持てず地味な服に変更した」「鏡に映った自分の背中を見て、脇肉の段差に愕然とした」といった、思わず「あるある!」と頷いてしまうようなエピソードの数々。

脇高ブラ

そして「自分の胸が2サイズもアップするなんて夢のよう」「垂れてしまっていたバストが元に戻り、またおしゃれができると思うと毎日が楽しみです」と、喜びの声もたくさん頂きました。


「商品名に”脇肉”という言葉を使用して、脇高機能があることを分かりやすく表現しよう」という発想は、その後も「脇肉キャッチ」「脇高ブラ」など新たな表現に広がり、ブラのジャンルとして定着。


2013年頃になると、楽天市場などの通販サイトでも脇高ブラを取り扱うショップが増加。


HEAVEN Japanの『脇肉キャッチャー』のように”脇肉”を商品名に盛り込んだブラジャーがだんだんと広まるようになりました。


そうして次第に「脇肉のお悩みを解消してくれるブラジャー=脇高ブラ」というイメージが定着したのです。

HEAVEN Japanの『脇肉キャッチャー』、その魅力は?

バストにまつわるお悩みの原因が脇肉だと気付かなかった人や、そもそも脇肉というものの存在自体を知らなかった人に、新たな気付きを示したHEAVEN Japanの『脇肉キャッチャー』。


“脇肉”というネガティブなワードをあえて使用したインパクトのある名前の商品ですが、実際にはどのような機能が盛り込まれているのかご紹介しましょう。

こだわりの脇高設計

カップサイドの生地を幅広く設計し、脇や背中のお肉を広範囲までキャッチ。カップの中に収めたお肉は、2本のサイドボーンがしっかりせき止めて逆戻りを防ぎます。

こだわり設計

脇周りまでサイドパネルでカバーしてくれるので、ポコッとはみ出た脇肉も逃さずホールド。カップサイドだけでなくバックベルトも幅広設計で、背中のシルエットをスッキリと見せてくれます。


快適なフィット感を重視し、生地には弾力性と伸縮性に優れたパワーネットを採用。ガードルにもよく使用される素材で、薄くて柔らかな肌触りが特徴です。


さらに、前中心にはクロステープを使用し、集めたお肉を程よく中央に寄せて自然な谷間メイクも叶いますよ。フックは3列3段と安定感があり、着用時のズレなども感じにくくなっています。

美しいバストシルエットを叶える

立体的なバストを包み込むため、ブラジャーも立体構造で縫い合わされた”接ぎ”のあるカップが使用されています。

美しいバストシルエット

接ぎにもいくつか種類があり、丸みのあるシルエットを作るにはカップを上下で縫い合わせる「横接ぎ」、丸みを少なくしシャープなシルエットを作る「縦接ぎ」、脇に向かって斜め上に縫い合わせる「斜め脇接ぎ」などがあります。


さらに、何枚の布を縫い合わせるかでもバストの立体感に変化が。


一般的には3枚の布を使用した「3枚接ぎ」のブラジャーが多いですが、『脇肉キャッチャー』のカップは4枚接ぎでより立体感を持たせ、女性らしい丸みのあるシルエットを演出。


さらに寄せ集めた脇肉を含めバストを高く持ち上げ、ふっくらしたデコルテを生み出してくれます。

着用時のストレスも軽減

「ブラジャーを着けていると、ワイヤーが肌に当たって痛い……」そんなお悩みを軽減するため、3Dワイヤーを内蔵。バストの輪郭に合わせやすく、痛みを感じにくいのも嬉しいポイントです。

着用時のストレスも軽減

また「ストラップが肩に食い込んで痛い」というのも、ブラジャー着用時のよくあるお悩みですよね。『脇肉キャッチャー』では幅広のストラップを使用しているため、胸をしっかり持ち上げつつ肩にかかる負荷を分散してくれます。


「縫い目やタグの肌触りが気になる」という人もいるのではないでしょうか。


『脇肉キャッチャー』は、縫い目・フックの肌当たりを最小限に抑えられるように縫製方法にこだわり、さらに取扱い表示をタグではなく印字にするなどの工夫を取り入れています。


ブラジャーは肌に一番近いものだからこそ、快適な着用感を実現しました。

細やかな調整がしやすい

左右でバストサイズが違うという場合は、付属のパッドを使って微調整が可能です。

細やかな調整がしやすい

また、ストラップの可動域も広いため、自分にとって負担のない着け心地に調整でき、より高いフィット感を実感することができますよ。


このように、脇肉をしっかりホールドして美しいバストラインを作るためには、脇高設計以外にもパターンやパッド、ボーン、素材、縫製方法も大切なポイント。


HEAVEN Japanの『脇肉キャッチャー』は、「お肉を集める力」と「お肉を逃がさない力」を高めるため、脇高設計を支える様々な機能を兼ね備えたブラジャーなのです。

あなたの「もっとキレイになりたい」を応援!

いかがでしたか? 今回は補整下着の中でも「脇高ブラ」をクローズアップし、その基礎知識や具体的な機能についてご紹介してきました。


HEAVEN Japanでは『脇肉キャッチャー』を始め、多種多彩な補整下着を通して「もっとキレイになりたい」「もっと自信を持ちたい」という女性を応援してきました。

もっとキレイになりたい

より多くの体型の人に効果を実感してほしいと、開発や試作、フィッティングを積み重ねることで、補整下着ならではのホールド力やキープ力、さらに心がときめくデザインを追求しています。

HEAVEN Japan のおすすめ脇高ブラジャーはこちら

今回ご紹介した商品はこちら

この記事をシェア